聖徳太子開山の祈願寺 “いやし”のスポット   

真言宗 豊山派 二十三夜寺

午年守り本尊


 秩父の中でも、自然が
 豊かな「三沢」という
 谷合にあります。
 四季折々に変化のある
 風景を見ることが
 できます。
 ぜひ一度、足を
 お運び下さい。
 皆さまを
 お待ちしております。
 勢至菩薩さまは
 午年生まれの方の
 守り本尊でございます。




修復中の
『月輪石 飛来の井戸』
が完成しました。
当山参拝の折には
ぜひご覧下さい



【二十三夜寺の四季】

春:沢山の桜がお迎えします

秋:境内の木々も色付きます

冬:雪が降れば別の風情です


【二十三夜寺の寺宝】




◇トピックス◇


 冬将軍が猛威を奮い関越道は積雪により立ち往生する車中に40数時間に渡り閉じ込められると言うアクシデントがあった令和2年12月20日のことです。年間『家内安全』祈願に来寺された方のお話をさせていただきます。この方は秩父郡小鹿野町出身の曾祖父をもたれ現在、東京都八王子市にお住まいになっておられるI・Y様です。I家様は天保年間にお生まれになられた曾祖父様の時代から現在に至るまで当山を毎月熱心に信仰されていらっしゃいます。そのきっかけを伺うと明治時代我が国に3回に渡り発生した『天然痘』の猛威が理由だったそうです。当時我が国では72000人もの尊い命が犠牲となったそうです。I家様のある小鹿野町から当山までは往復で約50qの道のりで、途中には千束峠と言う険しい峠もあります。当時は徒歩でお参り頂いた訳ですから現在では考えられないほどのご苦労をされながらお参り頂いた事と思います。I家様におかれましては、御祈願の甲斐もあり、ご先祖様は天然痘の脅威に巻き込まれることなく、無事に過ごされたと伝え聞きいておられたそうです。I・Y様のお父上のI・T様も熱心な信者様で毎月欠かさずお参り頂いたことを拙僧も幼少の頃より覚えております。残念なことにI・T様は令和元年の春、90歳で御逝去されました。その年からご長男のI・Y様が引き継ぎ信仰いただいております。コロナウイルスの第3波が深刻な状況である昨今お参りいただいたI家様から伺ったお話が心に残りました。令和2年も暮れようとしています。『南無得大勢至菩薩 悪疫退散成就』『臨』『兵』『闘』『者』『皆』『陣』『列』『在』『前』 合掌
         当山主


【ご了承下さい】

 ホームページ中の様々な
 写真の多くは過去に
 撮影したものです。
 順次更新する予定です。



***ご覧いただいた方々***

アクセスカウンター



   ホームページの感想、
   ご意見を寺へお気軽に
   お伝え下さい。

     【ホームページ管理者】
       当所    医王寺


ようこそ!開運午年守り本尊 二十三夜寺(医王寺)へ

当山は「勢至菩薩さま」をご本尊としてお祀りしている 数少ない寺院のひとつです


当山境内がグーグルアースの

ストリートビューに掲載されております。


『崖氷柱 車窓より見る 秩父かな』

(がけつらら しゃそうよりみる ちちぶかな)

『放映の 大和尼寺に 和まされ

訪れみたき 夢の一つに』

(ほうえいの やまとあまでらに なごまされ

おとずれみたき ゆめのひとつに)


 作者 当山信者 A・T様



新年、明けましておめでとうございます。

厳冬とも言える暮れからの厳しい寒さに、

当山の早暁は冷たい空気に包まれております。

新しい年を迎えたことと張りつめた冷たい空気に身も心も浄化されるような気がします。

昨年はコロナ禍にも係わらず当山檀信徒の皆様にはご近所、

ご遠方を問わずお詣りを頂きましたことを山内一同厚く御礼申し上げます。

令和に入り早、四年目のお正月(睦月)を迎えております。

足掛け3年コロナウイルスに奔走される日々が続き、

私達の働き方や生活様式も著しく変化してまいりました。

昨年11月頃には落ち着きを見せていたコロナウイルスが

新種株の影響を受け年末年始にかけての市中感染が懸念されております。

欧米諸国ではこの冬の感染拡大が深刻化しており、

既にアメリカではオミクロン株の拡大とクリスマス連休が重なり

過去最悪の44万人超の感染が確認されたとの報道が有りました。

我が国では11月にコロナウイルスの沈静が見られた時期でも殆どの人がマスク着用、

外出時の手指消毒を実行し飲食店やスーパー等に於いても

徹底したソーシャルディスタンスが見受けられました。

諸外国の報道を見るにつけ明らかに我が国との違いが見られます。

これは感染拡大を避けるためにも教訓である『三密』を避け、

個人個人が『己を守り他人守る』大切さの表れであると感じます。

その上で特に年末年始の帰省や旅行、

初詣を計画されている方々やご家族様にはPCR検査をされて、

より安心のもとに計画を実行されたら宜しいかと思います。

参考までに。

※SNS埼玉県PCR検査等無料化事業お問い合わせフォーム

電話0570-200-607 

※東京都PCR等検査無料化に関する専用コールセンター

電話050-3184-1331 (9:00〜19:00 土日祝日含む) 

Eメール reception@tokyo-metro-pcr.jp

その他の行政機関でもSNSの掲載が数多く見受けられております。

さて、頓智で有名な一休さんこと一休禅師が詠まれた

『門松は 冥土の旅の 一里塚 めでたくも有り めでたくも無し』

と言う和歌があります。

その昔、一休さんはこともあろうかめでたい正月に竹竿の先に髑髏(しゃれこうべ:ドクロ) を刺して

「御用心、門松は冥土の旅の一里塚、めでたくも有りめでたくも無し」

と大声で叫びながら京都の町を闊歩したと言います。

市中の人々が門松を飾り正月を祝っている時に何を血迷ってと多くの人が眉をひそめた事でしょう。

昔は自分の誕生日では無く、正月で一才歳を重ねました。

毎年正月を迎える事は年々死に近づく事であるから

正月で浮かれてばかりいないでもっと現実を観るようにと一休禅師は戒めたのです。

時を経た現在誕生日のケーキに乗るロウソクの数も毎年、歳と共に増えていきます。

『ケーキの上のローソクは冥土の旅の一里塚 めでたくも有りめでたくも無し』

と言えるのではないでしょうか。

即ち、私達は常に現実を生きて生かされております。

その様な中で冷静に現実を見る事がとても大切な事だと思います。

一休さんの和歌をしみじみ読み返して見ますと、

めでたい事とめでたく無い事は常に表裏一体で有ります。

そう考えると生と死も常に表裏一体で有る事に気がつきます。

正月早々と思われるかも知れませんが、何時も現実を見つめ、

一瞬この一瞬を大事に日々過ごしたいものであります。


                             (令和4年1月1日  更新)




「暦に合わせた祈願」

  当山、勢至菩薩さまのご縁日は 1月25日(火)「旧暦12月23日」

となりますが、緊急事態宣言が発令された場合には

参拝の自粛をお願い申し上げます。

 1月の午の日は5日(水)、17日(月)、29日(土)


※三元日祈願 :令和4年1月1日(土)より1月3日(月) 

※正月祈願は令和4年1月1日から4日(火)を除10日(月)まで


※少し遅めの初詣

『元朝護摩祈願』は

令和4年1月30日(日)です。

護摩供養の時間

6時30分・9時・10時・11時

13時・14時です。

※当山は新型コロナウイルス拡大感染に憂慮し、

検温・マスク着用・手指の消毒・ソーシャルディスタンス等、

万全を期して参拝の皆様をお迎え致して居りますが、

『元朝護摩』における

「開運けんちん汁とポップコーン」

の配布はお休みさせて頂きますのでご了承下さいませ。


※諸祈願につきましては随時厳修させて頂いております。


※限定お守り『無上力』のお授けは

1月1日(土)より1月3日(月)

 1月23日(日) 1月25日(火) 1月30日(日)

の6日間になります。

遠方の方には郵送・宅配も承っております。


※御祈願や23日限定守り『無上力』につきましては

下記の電話番号・FAX番号にて申し受けさせて頂いております。

電話0494-65-0334  FAX0494-65-0372

「限定お守り」

※当山のご本尊『得大勢至菩薩様』は、古来の和歌でも

「だいせいし ちえのひかりに てらされて さんずのやみも きえうせぬべし」

(大勢至 智慧の光に 照らされて 三途の闇も消え失せぬべし)

と詠われているように、智慧の光をもって遍く一切を照らし、

人々の心の迷いを除き『無上の力』をお授けすると言われております。




金額2000円

※正月三が日・元朝護摩祈願祭

毎月23日・旧暦23日限定販売になります。


「愛染明王御朱印」


金額500円

毎月23日・旧暦23日限定


「二十三夜寺御朱印」


金額1000円

毎月23日・旧暦23日限定


「一周忌供養」

※当山の本尊『勢至菩薩』様は一周忌を司る仏様です。

菩提寺の無い御施主様、

或いは菩提寺の供養の他に

一周忌供養をお考えの御施主様は

是非とも当山にご連絡下さいませ。


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372



永代供養墓の移設・ペット供養墓新設いたしました。

※永代供養墓は常時受付させて頂いております。



  永代供養墓                 ペット供養墓


『永代供養墓のご案内』

   当山では、萬霊供養墓(永代供養墓)

を建立しました。

この墓地は既にご遺骨を

  自宅管理供養されている方や

今後将来において個人墓地を

  所有されない方、あるいは

墓地は所有してるが継承者がいない方々

には朗報と思います。

           自然豊かな『聖徳太子開山』の当山に、

安眠の地をお求めになられては

いかがでしょうか。

※ この墓地は生前予約も承っております。

詳しくは下をクリック


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372




令和4年厄年早見表

幼児男女の厄年
前厄
本厄
後厄
4歳の厄年
令和2年
平成31年

令和元年
平成30年

男性の厄年
前厄
本厄
後厄
25歳の厄年
平成11年
平成10年
平成9年
42歳の大厄
昭和57年
昭和56年
昭和55年

女性の厄年
前厄
本厄
後厄
19歳の厄年
平成17年
平成16年
平成15年
33歳の大厄
平成3年
平成2年
昭和64年

平成元年
37歳の小厄
昭和62年
昭和61年
昭和60年

男女の厄年
前厄
本厄
後厄
61歳の厄年
昭和38年
昭和37年
昭和36年

令和4年方位厄早見表(男女生まれ年)

大正
6年
7年
9年
12年
15年


昭和
元年
2年
4年
7年
10年
11年
13年
16年
19年
20年
22年
25年
28年
29年
31年
34年
37年
38年
40年
43年
46年
47年
49年
52年
55年
56年
58年
61年
64年






平成
元年
2年
4年
7年
10年
11年
13年
16年
19年
20年
22年
25年
28年
29年
31年






令和
元年
4年






※祈願の申し込みはTEL・またはFAXで受付けております。


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372





※『少し遅めの初詣』

当山の初護摩は毎年1月の最終日曜日です。


【護摩祈願】




祈願等ございましたら、ご予約の連絡をお願いいたします。

(祈願料 5,000円)

1人護摩祈願ご希望の方は事前にご連絡下さいませ。

(祈願料30000円)

『厄除・方位除祈願』をお忘れになられました方には

随時ご祈願を申し受けております。


    お悩みや心配事がある方も、どうぞお出掛け下さいませ。

『人生相談・秘密厳守』


※祈願ご希望の皆様の中で何等かの理由で来寺出来ない方には

祈願札の送付も行っておりますので、

電話・FAXにてお申し付け下さいませ。


※ご都合で当山に来寺出来ない方は

祈願札の送付させて頂きます。


問い合わせ

TEL 0494ー65ー0334

FAX 0494ー65ー0372




「あなただけの開運数珠守り」

毎月23日のみ限定のお守りです


※個人の手首に合わせてオリジナル制作した

数珠を祈願したお守りです。

※ブレスレットのようにお手軽にお付けいただけます。

白:家内安全 赤:良縁成就 黄:所願成就

緑:身体健全 青:開運招福

これは一例です。ご希望の色の組み合わせでも製作できます。


金額は1つ3000円 2つ目から1つにつき1000円となります。

(2つ作った場合、計4000円 3つ作った場合、計5000円)


【受付時間】  

午前9時、10時、11時

午後13時、14時、15時

まずはお気軽に問い合わせください

TEL 0494ー65ー0334

FAX 0494ー65ー0372




「南無月輪石仏」

【月輪石の奇跡】


詳しくは下をクリックして下さい。





【二十三夜寺ギャラリー】


『ダイヤモンド富士』


『富士山と白鳥』


『夕暮れの河口湖』






『蔵王山』

撮影者当山信者M・H様




『富士山』




『冬の雲』


『初氷』

撮影者当山信者S・H様


『チェロの公衆電話』




『水辺の鴨』


『ブルーベリーの紅葉』


『蝋梅』


『武尊岳の冠雪』






『冬空の花火』

撮影者当山信者K・H様




  新緑の境内                       仁王門でひと休み 

連絡先

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372