聖徳太子開山の祈願寺 “いやし”のスポット   

真言宗 豊山派 二十三夜寺

午年守り本尊


 秩父の中でも、自然が
 豊かな「三沢」という
 谷合にあります。
 四季折々に変化のある
 風景を見ることが
 できます。
 ぜひ一度、足を
 お運び下さい。
 皆さまを
 お待ちしております。
 勢至菩薩さまは
 午年生まれの方の
 守り本尊でございます。




修復中の
『月輪石 飛来の井戸』
が完成しました。
当山参拝の折には
ぜひご覧下さい



【二十三夜寺の四季】

春:沢山の桜がお迎えします

秋:境内の木々も色付きます

冬:雪が降れば別の風情です


【二十三夜寺の寺宝】




◇トピックス◇


 冬将軍が猛威を奮い関越道は積雪により立ち往生する車中に40数時間に渡り閉じ込められると言うアクシデントがあった令和2年12月20日のことです。年間『家内安全』祈願に来寺された方のお話をさせていただきます。この方は秩父郡小鹿野町出身の曾祖父をもたれ現在、東京都八王子市にお住まいになっておられるI・Y様です。I家様は天保年間にお生まれになられた曾祖父様の時代から現在に至るまで当山を毎月熱心に信仰されていらっしゃいます。そのきっかけを伺うと明治時代我が国に3回に渡り発生した『天然痘』の猛威が理由だったそうです。当時我が国では72000人もの尊い命が犠牲となったそうです。I家様のある小鹿野町から当山までは往復で約50qの道のりで、途中には千束峠と言う険しい峠もあります。当時は徒歩でお参り頂いた訳ですから現在では考えられないほどのご苦労をされながらお参り頂いた事と思います。I家様におかれましては、御祈願の甲斐もあり、ご先祖様は天然痘の脅威に巻き込まれることなく、無事に過ごされたと伝え聞きいておられたそうです。I・Y様のお父上のI・T様も熱心な信者様で毎月欠かさずお参り頂いたことを拙僧も幼少の頃より覚えております。残念なことにI・T様は令和元年の春、90歳で御逝去されました。その年からご長男のI・Y様が引き継ぎ信仰いただいております。コロナウイルスの第3波が深刻な状況である昨今お参りいただいたI家様から伺ったお話が心に残りました。令和2年も暮れようとしています。『南無得大勢至菩薩 悪疫退散成就』『臨』『兵』『闘』『者』『皆』『陣』『列』『在』『前』 合掌
         当山主


【ご了承下さい】

 ホームページ中の様々な
 写真の多くは過去に
 撮影したものです。
 順次更新する予定です。



***ご覧いただいた方々***

アクセスカウンター



   ホームページの感想、
   ご意見を寺へお気軽に
   お伝え下さい。

     【ホームページ管理者】
       当所    医王寺


ようこそ!開運午年守り本尊 二十三夜寺(医王寺)へ

当山は「勢至菩薩さま」をご本尊としてお祀りしている 数少ない寺院のひとつです


当山境内がグーグルアースの

ストリートビューに掲載されております。


『窓越しの 梅の花見ゆ 座にありて』

(まどごしに うめのはなみゆ ざにありて)

『御詠歌に 般若心経  唱ふ朝

古刹の庭に 白梅香る』

(ごえいかに はんにゃしんぎょう  とのふあさ

こさつのにわに しらうめかおる)

 作者 当山信者 A・T様


令和3年1月8日、松も取れようかと言うときに

コロナウイルスによる二回目の緊急事態宣言が発令されました。

コロナウイルスの終息が見えぬまま更なる延長が発令される中、

パンデミックの様相を帯びながらも時は刻まれ暦は3月(弥生を)を迎えております。

このウイルスの拡大により心ならずも感染されてしまわれた人々には

早期の回復をお祈り致します。

また残念なことに尊い命を犠牲にされてしまわれた方やご家族様には

心からのご冥福をお祈り致します。

ウイルスが沈静化せず長期化すればするほど経済の回復は望めなくなってきます。

職を失う人、住まいを追われてしまう人、

その結果自らの命を絶ってしまうと言う現実も既に起きています。

しかし、緊急事態宣言が功を成したのか徐々に感染者の減少がみられるようになりました。

そして、期待されていたワクチン接種の開始により一筋の光明も射して来たように思われます。

そこで私達に出来る仏様へ近づく『七つの修行』、

その名も『感染拡大予防策行』を考えてみました。

@不用不急の外出を避ける行

A外出時はマスクを着用行

B外出時には手指の消毒行

C外食は少人数での食事行

D会食時は極力無言行

E帰宅時の手洗い消毒・ウガイ行

F十分な睡眠行。

小さな気遣い心配りが自分を守りながら他人をも守る事ができるのです。

早速、この『七つの行』を修行してみては如何でしょうか。    

さて、今月3日は全国的に(秩父地方は1ヶ月遅れ)女のお子様の成長を祝う『桃の節句』です。

この行事は平安時代頃まで遡ると言われております。

当時、疫病の蔓延も有り、子女が無事に成長することは難しかったようです。

そこで我が子に万が一の事が有っても人形が身代わりとなってくれると信じられ

我が子の無事を人形に託していたのです。

そして我が子が無事に成長し幸せな婚姻を遂げられるようにと人形に願いました。

更に子孫繁栄と同時に一族の繁栄が続く事を願い現在に至っているのです。

以前当山では人形供養をさせて頂いていた時期が有りました。

しかし、様々な思い出の有る人形や節句雛(桃の節句・端午の節句)等が

お焚き上げ用焼却炉の前に所狭しと乱雑に置かれてしまいました。

中にはガラスケースのままの物まで有る始末。

まるでゴミ置き場のようになってしまいました。

人形の物悲しそうな顔が有ったのを今でも覚えております。

計らずとも子供や孫の成長を願った人形であったのなら、

子供に大切にされた人形であったのならば

感謝の気持を込めて供養にはお立ち会い頂けたらとつくづく感じたものでした。

(※現在は諸問題も有り人形供養は取り扱っておりません。)       

春のお彼岸は今月17日(水)から23日(火)までになります。(お彼岸の中日は20日土曜日)

お彼岸には家族連れでお墓参りを計画されている方もいらっしゃると思いますが、

今年の春彼岸は昨今の事情から御家族の代表者が少人数でお参りされたら如何かと思います。

此岸(この世)から彼岸(仏の世界)に渡る事を到彼岸(パ−ラミタ―・波羅密多)と言います。

このパーラミタ―は向こう岸に渡ると言う意味があります。

此岸、つまり私達の世界は迷いの世界で有り、彼岸は悟りの世界です。

お彼岸は暦の上では『春分の日』『秋分の日』を中心に前後3日間合計7日間を指します。

古くは、真東から昇り真西に沈む太陽に願いを掛けたことから『日願』とも言われた様です。

まさに、西方浄土に願掛けをしたのでありましょう。

数年前のホームページで解説させて頂きましたが、

前後の3日間計6日間は悟りの世界へ到達するための6種類の修行方法であり

六波羅密(布施・持戒・忍辱・精進・智慧・禅定)に由来しています。

此岸と彼岸の間には煩悩・欲望・執着などと言う河が流れています。

これを渡る事が修行で有り、やがて彼岸に到ると説かれています。

太陽が真東から上り、極楽浄土があると考えられる真西に沈む春分の日、

秋分の日が先人を偲ぶ日であり、また先人の来世を願う日としてとらえる仏教にとっては

特別な日なのであります。

彼岸に鎮座されるご先祖様や親しかった人を静かに思いおこされるのも一つの供養かと考えます。


                             (令和3年3月1日  更新)




「暦に合わせた祈願」

  当山、勢至菩薩さまのご縁日は 3月6日(土)「旧暦1月23日」

となりますが、緊急事態宣言が発令された場合には

参拝の自粛をお願い申し上げます。

 3月の午の日は11日(木)、23日(火)


※諸祈願につきましては随時厳修させて頂いております。


※限定お守り『無上力』のお授けは

3月6日(土)、23日(火)ですが、

遠方の方には郵送・宅配も承っております。


※御祈願や23日限定守り『無上力』につきましては

下記の電話番号・FAX番号にて申し受けさせて頂いております。

電話0494-65-0334  FAX0494-65-0372

「限定お守り」

※当山のご本尊『得大勢至菩薩様』は、古来の和歌でも

「だいせいし ちえのひかりに てらされて さんずのやみも きえうせぬべし」

(大勢至 智慧の光に 照らされて 三途の闇も消え失せぬべし)

と詠われているように、智慧の光をもって遍く一切を照らし、

人々の心の迷いを除き『無上の力』をお授けすると言われております。




金額2000円

※正月三が日・元朝護摩祈願祭

毎月23日・旧暦23日限定販売になります。


「二十三夜寺御朱印」


金額1000円

※2ページ使います。


「一周忌供養」

※当山の本尊『勢至菩薩』様は一周忌を司る仏様です。

菩提寺の無い御施主様、

或いは菩提寺の供養の他に

一周忌供養をお考えの御施主様は

是非とも当山にご連絡下さいませ。


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372



永代供養墓の移設・ペット供養墓新設いたしました。

※永代供養墓は常時受付させて頂いております。



  永代供養墓                 ペット供養墓


『永代供養墓のご案内』

   当山では、萬霊供養墓(永代供養墓)

を建立しました。

この墓地は既にご遺骨を

  自宅管理供養されている方や

今後将来において個人墓地を

  所有されない方、あるいは

墓地は所有してるが継承者がいない方々

には朗報と思います。

           自然豊かな『聖徳太子開山』の当山に、

安眠の地をお求めになられては

いかがでしょうか。

※ この墓地は生前予約も承っております。

詳しくは下をクリック


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372




令和3年厄年早見表

幼児男女の厄年
前厄
本厄
後厄
4歳の厄年
平成31年

令和元年
平成30年
平成29年

男性の厄年
前厄
本厄
後厄
25歳の厄年
平成10年
平成9年
平成8年
42歳の大厄
昭和56年
昭和55年
昭和54年

女性の厄年
前厄
本厄
後厄
19歳の厄年
平成16年
平成15年
平成14年
33歳の大厄
平成2年
昭和64年

平成元年
昭和63年
37歳の小厄
昭和61年
昭和60年
昭和59年

男女の厄年
前厄
本厄
後厄
61歳の厄年
昭和37年
昭和36年
昭和35年

令和3年方位厄早見表(男女生まれ年)

大正
5年
6年
8年
11年
14年
15年

昭和
元年
3年
6年
9年
10年
12年
15年
18年
19年
21年
24年
27年
28年
30年
33年
36年
37年
39年
42年
45年
46年
48年
51年
54年
55年
57年
60年
63年
64年






平成
元年
3年
6年
9年
10年
12年
15年
18年
19年
21年
24年
27年
28年
30年
令和
3年







※祈願の申し込みはTEL・またはFAXで受付けております。


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372





※『少し遅めの初詣』

当山の初護摩は毎年1月の最終日曜日です。


【護摩祈願】




祈願等ございましたら、ご予約の連絡をお願いいたします。

(祈願料 5,000円)

1人護摩祈願ご希望の方は事前にご連絡下さいませ。

(祈願料30000円)

『厄除・方位除祈願』をお忘れになられました方には

随時ご祈願を申し受けております。


    お悩みや心配事がある方も、どうぞお出掛け下さいませ。

『人生相談・秘密厳守』


※祈願ご希望の皆様の中で何等かの理由で来寺出来ない方には

祈願札の送付も行っておりますので、

電話・FAXにてお申し付け下さいませ。


※ご都合で当山に来寺出来ない方は

祈願札の送付させて頂きます。


問い合わせ

TEL 0494ー65ー0334

FAX 0494ー65ー0372




「あなただけの開運数珠守り」

毎月23日のみ限定のお守りです


※個人の手首に合わせてオリジナル制作した

数珠を祈願したお守りです。

※ブレスレットのようにお手軽にお付けいただけます。

白:家内安全 赤:良縁成就 黄:所願成就

緑:身体健全 青:開運招福

これは一例です。ご希望の色の組み合わせでも製作できます。


金額は1つ3000円 2つ目から1つにつき1000円となります。

(2つ作った場合、計4000円 3つ作った場合、計5000円)


【受付時間】  

午前9時、10時、11時

午後13時、14時、15時

まずはお気軽に問い合わせください

TEL 0494ー65ー0334

FAX 0494ー65ー0372




「南無月輪石仏」

【月輪石の奇跡】


詳しくは下をクリックして下さい。





【二十三夜寺ギャラリー】




『満開の梅』

撮影者当山信者H・K様


『吊るし雛』


『有田焼人間国宝作の段飾り雛人形』


『二輪草』


『カタクリの花』


『桃の花』


『桃の花接写』


『白玉の実の花』


『チューリップサクサティリス』

撮影者当山信者M・H様


『桃の花』








『チューリップ色々』

撮影者当山信者S・H様




『緋寒桜』






『梅の花』


『朧月』


『イヌワシ』

撮影者当山信者K・H様


『蕗の薹』

撮影者当山信者当山主




  新緑の境内                       仁王門でひと休み 

連絡先

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372