聖徳太子開山の祈願寺 “いやし”のスポット   

真言宗 豊山派 二十三夜寺

午年守り本尊


 秩父の中でも、自然が
 豊かな「三沢」という
 谷合にあります。
 四季折々に変化のある
 風景を見ることが
 できます。
 ぜひ一度、足を
 お運び下さい。
 皆さまを
 お待ちしております。
 勢至菩薩さまは
 午年生まれの方の
 守り本尊でございます。




修復中の
『月輪石 飛来の井戸』
が完成しました。
当山参拝の折には
ぜひご覧下さい



【二十三夜寺の四季】

春:沢山の桜がお迎えします

秋:境内の木々も色付きます

冬:雪が降れば別の風情です


【二十三夜寺の寺宝】




◇トピックス◇

  このホームページで
  「子授け石」 を知り、
  昨年祈願されました
  本県川越市のご夫妻が
  約17年ぶりに
  子宝に恵まれ、昨年の春
  元気な男の子を出産
  親子3人でお礼参り
  いただきました。


子育て観音



【ご了承下さい】

 ホームページ中の様々な
 写真の多くは過去に
 撮影したものです。
 順次更新する予定です。



***ご覧いただいた方々***




   ホームページの感想、
   ご意見を寺へお気軽に
   お伝え下さい。

     【ホームページ管理者】
       当所    医王寺


ようこそ!開運午年守り本尊 二十三夜寺(医王寺)へ

当山は「勢至菩薩さま」をご本尊としてお祀りしている 数少ない寺院のひとつです


当山境内がグーグルアースの

ストリートビューに掲載されております。


『施餓鬼会の 和讃を唱ふ 旋律に

御魂を迎ふ 優しさ溢る』

(せがきえの わさんをとのう せんりつに

みたまをむかう やさしさあふる)

『列なして 吾の影に寄る 金魚かな』

(れつなして あのかげによる きんぎょかな)


 作者 当山信者 A・T様



肌寒ささえ感じた長めの梅雨が明けたかと思うと、

先月末からは連日の猛暑が続き、夏本番となりました。

体温と同じくらいの気温に息苦しささえ感じながら暦は8月を迎えております。

長い幼虫の時期を土の中で過ごし羽化し成虫となった蝉の声は

夏を命の輝きを謳歌するように聞こえます。

しかしこの蝉の鳴き声も炎天下では暑さに一層拍車を掛けるように聞こえ、

少し木陰に入り聞く蝉時雨は心地良く涼を感じるように聞こえてくるから不思議です。

朝夕、或いは森林の中で聞こえるヒグラシ蝉の鳴き声は涼しくもあり、

また、何となく物悲しくも聞こえます。

蝉の鳴き声一つとっても自分の置かれた環境により様々な受け止め方ができます。

しかしながら、そんな私達の思いや考えを余所に、

とうの蝉たちは短く限られた生命を燃焼するかのように暑い夏に身をおいています。

ひたすらにただひたすら鳴いています。

中には夜中に鳴いている蝉もいます。

こうしてみると私達はこの小さな生きとし生ける蝉からも多くの事を学べるかと考えます。

さて今月は8月盆を迎えます。

お盆の意味は『盂蘭盆会』サンスクリット語(ウラバンナ・逆さにされて吊される)・

ペルシャ語ウラバンナ(魂)です。

その昔、お釈迦様の十大御弟子で神通力で有名な目連尊者が

亡き母の瞑想をしていると優しかった母親が

六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天)の餓鬼道の世界(飲食が出来ず)

で苦しんでおられる姿が見えてきました。

(この餓鬼道の世界は生前に貪りや執着心が強く施しをせず

感謝もしない人が生まれ変わると言われています)

神通力で母親に食事を与えようとすると石に変わってしまい、

水を与えようとすると火に変わってしまう飢えや渇きの世界でした。

そこで母親をこの世界から救わんとした目連尊者はお釈迦様に相談します。

するとお釈迦様曰く、夏の修業(安居会)の終わったたくさんの僧侶を労い

7月15日に百味・五果(百味・様々な山海の食べ物 五果・ナツメ、スモモ、桃、杏、栗)

の食事を供養する事で母親を救う事が出来ると聞き、

目連尊者は供養をしました。

すると母親のみならず餓鬼の世界の全員が救われたので

目連尊者は持っていた食事を運ぶお盆を手に嬉しさのあまり踊ったそうです。

これが盆踊りの由縁と言われております。

日本においては平安時代の斎(仏家は午前中のみ食事をとる)

や中元(半年半年の生存を祝い盂蘭盆の行事で御魂を供養する)

として独自な文化となりました。

関東地方では東京近郊を中心にした7月盆

その他の地域は8月盆が多く見受けられます。

13日の夕方に迎え火を焚きキュウリの馬で祖先を迎え、

16日の午前中に送り火を焚き茄子の牛で祖先を送ります。


※過日、地元の剣道スポーツ少年団の子供達と指導者

保護者の皆様が来寺され座禅を組まれました。

定刻に集合され、手際よく作務(境内の草取りをして頂きました。九拝)をこなしました。

それから座禅が始まり子供から大人に至るまで

全員が気持ちを落ち着け座禅を組んでおられました。

庫裡には静かな夏の日暮れの時が流れていました。







                             (令和元年8月1日  更新)




「暦に合わせた祈願」

  当山、勢至菩薩さまのご縁日は 8月23日(金)「旧暦7月23日」

 8月の午の日は1日(木)、13日(火)、25日(日)


※お施餓鬼会8月16日(金)

※お施餓鬼塔婆1本5000円(供養料含む)

電話にて受付ております。

※諸祈願につきましては随時厳修させて頂いております。


二十三夜寺御朱印


※2ページ使います


「一周忌供養」

※当山の本尊『勢至菩薩』様は一周忌を司る仏様です。

菩提寺の無い御施主様、

或いは菩提寺の供養の他に

一周忌供養をお考えの御施主様は

是非とも当山にご連絡下さいませ。


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372




平成31年厄年早見表


前厄
本厄
後厄
男の大厄42歳
昭和54年
昭和53年
昭和52年
女の小厄37歳
昭和59年
昭和58年
昭和57年
女の大厄33歳
昭和63年
昭和62年
昭和61年
男25歳の厄年
平成8年
平成7年
平成6年
女19歳の厄年
平成14年
平成13年
平成12年
幼児4歳の厄年
平成29年
平成28年
平成27年
男女61歳の厄年
昭和35年
昭和34年
昭和33年

平成31年方位厄早見表(男女生まれ年)

大正
3年
4年
6年
9年
12年
13年
15年
昭和
元年
4年
7年
8年
10年
13年
16年
17年
19年
22年
25年
26年
28年
31年
34年
35年
37年
40年
43年
44年
46年
49年
52年
53年
55年
58年
61年
62年
64年






平成
元年
4年
7年
8年
10年
13年
16年
17年
19年
22年
25年
26年
28年
31年

※祈願の申し込みはTEL・またはFAXで受付けております。


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372





※『少し遅めの初詣』

当山の初護摩は毎年1月の最終日曜日です。


【護摩祈願】




祈願等ございましたら、ご予約の連絡をお願いいたします。

(祈願料 5,000円)

1人護摩祈願ご希望の方は事前にご連絡下さいませ。

(祈願料30000円)

『厄除・方位除祈願』をお忘れになられました方には

随時ご祈願を申し受けております。


    お悩みや心配事がある方も、どうぞお出掛け下さいませ。

『人生相談・秘密厳守』


※祈願ご希望の皆様の中で何等かの理由で来寺出来ない方には

祈願札の送付も行っておりますので、

電話・FAXにてお申し付け下さいませ。


※ご都合で当山に来寺出来ない方は

祈願札の送付させて頂きます。


問い合わせ

TEL 0494ー65ー0334

FAX 0494ー65ー0372




「あなただけの開運数珠守り」

毎月23日のみ限定のお守りです


※個人の手首に合わせてオリジナル制作した

数珠を祈願したお守りです。

※ブレスレットのようにお手軽にお付けいただけます。

白:家内安全 赤:良縁成就 黄:所願成就

緑:身体健全 青:開運招福

これは一例です。ご希望の色の組み合わせでも製作できます。


金額は1つ3000円 2つ目から1つにつき1000円となります。

(2つ作った場合、計4000円 3つ作った場合、計5000円)


【受付時間】  

午前9時、10時、11時

午後13時、14時、15時

まずはお気軽に問い合わせください

TEL 0494ー65ー0334

FAX 0494ー65ー0372




「南無月輪石仏」

【月輪石の奇跡】


詳しくは下をクリックして下さい。





【二十三夜寺ギャラリー】








『花火』


『北の大地の夕暮れ』


『ハワイの運河』


『鍾乳洞(オーストラリア)』


『空飛ぶペンギン』


『吹割の滝』


『水連』


『長崎平和公園』

撮影者当山信者M・H様


『鳶と船』












『伊豆高原のイルミネーション』

撮影者当山信者O・E様






『スカイツリーから望む』


『鶴岡八幡宮』


『バリ島ウブド』


『モハーの断崖(アイルランド)』

撮影者当山信者K・H様




永代供養墓の移設・ペット供養墓新設いたしました。

※永代供養墓は常時受付させて頂いております。



  永代供養墓                 ペット供養墓


『永代供養墓のご案内』

   当山では、萬霊供養墓(永代供養墓)

を建立しました。

この墓地は既にご遺骨を

  自宅管理供養されている方や

今後将来において個人墓地を

  所有されない方、あるいは

墓地は所有してるが継承者がいない方々

には朗報と思います。

           自然豊かな『聖徳太子開山』の当山に、

安眠の地をお求めになられては

いかがでしょうか。

※ この墓地は生前予約も承っております。

詳しくは下をクリック


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372




  新緑の境内                       仁王門でひと休み 

連絡先

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372