聖徳太子開山の祈願寺 “いやし”のスポット   

真言宗 豊山派 二十三夜寺

午年守り本尊


 秩父の中でも、自然が
 豊かな「三沢」という
 谷合にあります。
 四季折々に変化のある
 風景を見ることが
 できます。
 ぜひ一度、足を
 お運び下さい。
 皆さまを
 お待ちしております。
 勢至菩薩さまは
 午年生まれの方の
 守り本尊でございます。




修復中の
『月輪石 飛来の井戸』
が完成しました。
当山参拝の折には
ぜひご覧下さい



【二十三夜寺の四季】

春:沢山の桜がお迎えします

秋:境内の木々も色付きます

冬:雪が降れば別の風情です


【二十三夜寺の寺宝】




◇トピックス◇

 年の瀬も押し迫まり気忙しい日々が続いております。
一日が動き出したかと思うといつの間にか辺りは暗くなり時が加速されて過ぎて行くように感じられます。
さて、当山ではこれまでも開かれた寺院運営に努めてまいり古びた縁側で粗茶の接待をさせて頂いておりました。
これはこれで風情の有るものだったと思っておりましたが、これからはもっとお参りの皆様をお迎えし寛いで頂きたく、より一層開かれた寺院を目指そうと考えました。
そんな拙僧の思いを込め、無料カフェ『茶坊主』と命名し運営したく、ただいま庫裏の改修工事に取り組んでおります。
工事終了は年末になる予定です。
これからもより多くの皆様のお越しを山内一同心よりお待ち申し上げております。
令和五年十二月吉日
医王寺山主 九拝


【ご了承下さい】

 ホームページ中の様々な
 写真の多くは過去に
 撮影したものです。
 順次更新する予定です。



***ご覧いただいた方々***

アクセスカウンター



   ホームページの感想、
   ご意見を寺へお気軽に
   お伝え下さい。

   【ホームページ管理者】
    当所    医王寺


ようこそ!開運午年守り本尊 二十三夜寺(医王寺)へ

当山は「勢至菩薩さま」をご本尊としてお祀りしている 数少ない寺院のひとつです





当山境内がグーグルアースの

ストリートビューに掲載されております。


『本堂向拝屋根改修工事』御寄進のお願い

昭和39年の当山改修工事以来60年、

10年毎に塗装工事を行い

本堂向拝の維持に務めて参りましたが、

亜鉛板の腐食が激しく

塗装工事の限界に達してしまったため、

総代会協議の結果、

『本堂向拝屋根葺き替え工事』

を行う事となりました。

つきましては下記の通り、

信者皆々様の御浄財の

御寄進を賜りますよう山内役員一同、

伏してお願い申し上げます。


一口、壱千円より

振替口座

埼玉りそな銀行皆野支店 (普通)1384206

(宗) 醫王寺 


※銀行振替入金時の送金受領書を

領収書に代えさせて頂きます。

尚、当山の領収書が必要な信者様に付きましては

御連絡頂きたく存じます。

本堂屋根向背修理寄進の

領収書を送付させて頂きます。


※御寄進の御芳名は勧募帳に記載して

御本尊様の御寶前に奉呈させて頂きます。


               令和5年4月1日


『鶯の 声に目覚むや 朝心地』

(うぐいすの こえにめざむや あさごこち)

『八月の 施餓鬼は四月に 繰り上げて

読経の波の 響く古刹に』

(はちがつの せがきはしがつに くりあげて

どっきょうのなみの ひびくこさつに)



 作者 当山信者 A・T様


例年になく長く桜の花を愛でることができました。

日毎に山門付近では花びらの絨毯が広がりそれはそれで風情がありました。

ただいま境内では藤の花や躑躅の花が見頃です。

時は静かに刻みながら暦は5月(皐月)を迎えました。

穏やかな日々が続く事を願っておりますが最近は各地で地震が頻発し大地震の発生や、

富士山を始めとする火山の噴火も懸念されております。

先月のホームページでも申し上げましたが

災害に備えて数日間の飲食料は身近に置きたいものであります。

目安としては最低でも1人約8日間の長期保存の出来る食料と飲料水、

常備薬、懐中電灯、携帯ラジオ等があげられます。

これらを日頃より準備されると宜しいのではないでしょうか。

また市販の防災グッズのセットを用意して置くのも得策と思います。   

さて、数年前の不思議な出来事をお話ししたいと思います。

以前、当山の熱心な信者のT様が(故人)一振りの日本刀を寺に御寄進されました。

納めて頂いた数年後からその日本刀を置いてある部屋から

カチャカチャと音が聞こえる様になりました。

不思議に思いその部屋に行ってみても何1つ変わったことは有りません。

しかしそんな事が何日間続きましたので日本刀を別の部屋に移動して保管しましたが、

やはり移動した部屋からカチャカチャと音がします。

少し気味悪く思い刀を納戸に保管する事にしましたが

やはり納戸の方からカチャカチャと同じ音が聞こえてくるのです。

その数日後のことです。

当山信者S様の奥様は非常に霊感の強い方で

突然何かが憑依してしまい刀の事を口にしているとのS様からの電話連絡、

「何の事か判らないのですが、家内が突然刀の話しを始め、

急いで二十三夜寺に連れて行けと言い気を失ってしまったので、

すぐに寺に伺っても良いですか?」

と驚いた様子の連絡を受けたので寺にお越し頂きました。

S様夫妻が寺に着いたとき奥様はモウロウとしたご様子でグッタリしておられましたが、

急に目を見開き立ち上がり刀に斬られて悶絶している様の動作になって再び意識を失いました。

旦那様と2人で本堂に奥様を運んだ後に件の日本刀を本堂に運び祈祷を執り行いました。

気絶している奥様の頭に五股と言う法具を乗せると

凄い勢いで凄まじい形相の奥様が立ち上がり物凄い力でもがき始めました。

拙僧も無心でお不動様の御真言を唱えその数分後

奥様は安堵の表情を浮かべながら眠られてしまいました。

奥様に憑依していた得体の知れない何かが奥様から立ち去った瞬間でした。

その後すぐに日本刀を浄め封印したのは言うまでもありません。

拙僧が思うにその日本刀はおそらく人を斬った日本刀で怨念のついていた物で有りましょう。

その後はカチャカチャと鳴る事は一切ありません。

兎にも角にも途轍もない出来事でした。

世の中にはまだまだ不思議な事がたくさん有ると思います。

次回も拙僧が体験した不思議な出来事を紹介できたらと思います。


無料茶処『茶坊主』







                             (令和6年5月1日  更新)




「暦に合わせた祈願」


  当山、勢至菩薩さまのご縁日は 5月1日(水)「旧暦3月23日」

5月30日(木)「旧暦4月23日」

となりますが、緊急事態宣言が発令された場合には

参拝の自粛をお願い申し上げます。

 5月の午の日は6日(月)、18日(土)、30日(木)


※水子供養は5月11日(土)になります。

卒塔婆供養料7,000円、電話・FAXにて承っております。


※諸祈願につきましては随時厳修させて頂いております。


※限定お守り『無上力』のお授けは

5月1日(水)、23日(木)、30日(木)

遠方の方には郵送・宅配も承っております。


※御祈願や23日限定守り『無上力』につきましては

下記の電話番号・FAX番号にて申し受けさせて頂いております。

電話0494-65-0334  FAX0494-65-0372

「限定お守り」

※当山のご本尊『得大勢至菩薩様』は、古来の和歌でも

「だいせいし ちえのひかりに てらされて さんずのやみも きえうせぬべし」

(大勢至 智慧の光に 照らされて 三途の闇も消え失せぬべし)

と詠われているように、智慧の光をもって遍く一切を照らし、

人々の心の迷いを除き『無上の力』をお授けすると言われております。




金額2000円

※正月三が日・元朝護摩祈願祭

毎月23日・旧暦23日限定販売になります。


「愛染明王御朱印」


金額500円

毎月23日・旧暦23日限定


「二十三夜寺御朱印」


金額1000円

毎月23日・旧暦23日限定


「一周忌供養」

※当山の本尊『勢至菩薩』様は一周忌を司る仏様です。

菩提寺の無い御施主様、

或いは菩提寺の供養の他に

一周忌供養をお考えの御施主様は

是非とも当山にご連絡下さいませ。


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372



永代供養墓の移設・ペット供養墓新設いたしました。

※永代供養墓は常時受付させて頂いております。



  永代供養墓                 ペット供養墓


『永代供養墓のご案内』

   当山では、萬霊供養墓(永代供養墓)

を建立しました。

この墓地は既にご遺骨を

  自宅管理供養されている方や

今後将来において個人墓地を

  所有されない方、あるいは

墓地は所有してるが継承者がいない方々

には朗報と思います。

           自然豊かな『聖徳太子開山』の当山に、

安眠の地をお求めになられては

いかがでしょうか。

※ この墓地は生前予約も承っております。

詳しくは下をクリック


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372




令和6年厄年早見表

幼児男女の厄年
前厄
本厄
後厄
4歳の厄年
令和4年
令和3年
令和2年

男性の厄年
前厄
本厄
後厄
25歳の厄年
平成13年
平成12年
平成11年
42歳の大厄
昭和59年
昭和58年
昭和57年

女性の厄年
前厄
本厄
後厄
19歳の厄年
平成19年
平成18年
平成17年
33歳の大厄
平成5年
平成4年
平成3年
37歳の小厄
昭和64年

平成元年
昭和63年
昭和62年

男女の厄年
前厄
本厄
後厄
61歳の厄年
昭和40年
昭和39年
昭和38年

令和6年方位厄早見表(男女生まれ年)

大正
8年
9年
11年
14年



昭和
3年
4年
6年
9年
12年
13年
15年
18年
21年
22年
24年
27年
30年
31年
33年
36年
39年
40年
42年
45年
48年
49年
51年
54年
57年
58年
60年
63年
 






平成
3年
4年
6年
9年
12年
13年
15年
18年
21年
22年
24年
27年
30年
31年
 






令和
元年
3年
6年





※祈願の申し込みはTEL・またはFAXで受付けております。


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372





※『少し遅めの初詣』

当山の初護摩は毎年1月の最終日曜日です。


【護摩祈願】




祈願等ございましたら、ご予約の連絡をお願いいたします。

(祈願料 5,000円)

1人護摩祈願ご希望の方は事前にご連絡下さいませ。

(祈願料30000円)

『厄除・方位除祈願』をお忘れになられました方には

随時ご祈願を申し受けております。


    お悩みや心配事がある方も、どうぞお出掛け下さいませ。

『人生相談・秘密厳守』


※祈願ご希望の皆様の中で何等かの理由で来寺出来ない方には

祈願札の送付も行っておりますので、

電話・FAXにてお申し付け下さいませ。


※ご都合で当山に来寺出来ない方は

祈願札の送付させて頂きます。


問い合わせ

TEL 0494ー65ー0334

FAX 0494ー65ー0372




「あなただけの開運数珠守り」

毎月23日のみ限定のお守りです


※個人の手首に合わせてオリジナル制作した

数珠を祈願したお守りです。

※ブレスレットのようにお手軽にお付けいただけます。

白:家内安全 赤:良縁成就 黄:所願成就

緑:身体健全 青:開運招福

これは一例です。ご希望の色の組み合わせでも製作できます。


金額は1つ3000円 2つ目から1つにつき1000円となります。

(2つ作った場合、計4000円 3つ作った場合、計5000円)


【受付時間】  

午前9時、10時、11時

午後13時、14時、15時

まずはお気軽に問い合わせください

TEL 0494ー65ー0334

FAX 0494ー65ー0372




「南無月輪石仏」

【月輪石の奇跡】


詳しくは下をクリックして下さい。





二十三夜寺ギャラリーは下をクリックして下さい。





  新緑の境内                       仁王門でひと休み 

連絡先

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372