聖徳太子開山の祈願寺 “いやし”のスポット   

真言宗 豊山派 二十三夜寺

午年守り本尊


 秩父の中でも、自然が
 豊かな「三沢」という
 谷合にあります。
 四季折々に変化のある
 風景を見ることが
 できます。
 ぜひ一度、足を
 お運び下さい。
 皆さまを
 お待ちしております。
 勢至菩薩さまは
 午年生まれの方の
 守り本尊でございます。




修復中の
『月輪石 飛来の井戸』
が完成しました。
当山参拝の折には
ぜひご覧下さい



【二十三夜寺の四季】

春:沢山の桜がお迎えします

秋:境内の木々も色付きます

冬:雪が降れば別の風情です


【二十三夜寺の寺宝】




◇トピックス◇


 冬将軍が猛威を奮い関越道は積雪により立ち往生する車中に40数時間に渡り閉じ込められると言うアクシデントがあった令和2年12月20日のことです。年間『家内安全』祈願に来寺された方のお話をさせていただきます。この方は秩父郡小鹿野町出身の曾祖父をもたれ現在、東京都八王子市にお住まいになっておられるI・Y様です。I家様は天保年間にお生まれになられた曾祖父様の時代から現在に至るまで当山を毎月熱心に信仰されていらっしゃいます。そのきっかけを伺うと明治時代我が国に3回に渡り発生した『天然痘』の猛威が理由だったそうです。当時我が国では72000人もの尊い命が犠牲となったそうです。I家様のある小鹿野町から当山までは往復で約50qの道のりで、途中には千束峠と言う険しい峠もあります。当時は徒歩でお参り頂いた訳ですから現在では考えられないほどのご苦労をされながらお参り頂いた事と思います。I家様におかれましては、御祈願の甲斐もあり、ご先祖様は天然痘の脅威に巻き込まれることなく、無事に過ごされたと伝え聞きいておられたそうです。I・Y様のお父上のI・T様も熱心な信者様で毎月欠かさずお参り頂いたことを拙僧も幼少の頃より覚えております。残念なことにI・T様は令和元年の春、90歳で御逝去されました。その年からご長男のI・Y様が引き継ぎ信仰いただいております。コロナウイルスの第3波が深刻な状況である昨今お参りいただいたI家様から伺ったお話が心に残りました。令和2年も暮れようとしています。『南無得大勢至菩薩 悪疫退散成就』『臨』『兵』『闘』『者』『皆』『陣』『列』『在』『前』 合掌
         当山主


【ご了承下さい】

 ホームページ中の様々な
 写真の多くは過去に
 撮影したものです。
 順次更新する予定です。



***ご覧いただいた方々***

アクセスカウンター



   ホームページの感想、
   ご意見を寺へお気軽に
   お伝え下さい。

     【ホームページ管理者】
       当所    医王寺


ようこそ!開運午年守り本尊 二十三夜寺(医王寺)へ

当山は「勢至菩薩さま」をご本尊としてお祀りしている 数少ない寺院のひとつです


当山境内がグーグルアースの

ストリートビューに掲載されております。


『早朝の 注射の如し 茄子の刺』

(そうちょうの ちゅうしゃのごとし なすのとげ)

『鳥の声 朝露に濡れ 採る野菜

それぞれ夏の 濃き色を生し』

(とりのこえ あさつゆにぬれ とるやさい

それぞれのなつ こきいろをなし)


 作者 当山信者 A・T様


近年まれに見る早い梅雨明け宣言も束の間、

はっきりしない戻り梅雨のような天候が続きました。

時は巡り八月(葉月)を迎え、

まるで今年に入り2回目の夏が巡って来てしまった様な

暑い日々が続いています。

一時は収束も間近に見えたように思えた

コロナウイルスの感染拡大は第7波に入り

過去最高の猛威を振っています。

残念なことに1週間で100万人以上の感染者数が記録されてしまいました。

その他、インフルエンザやサル痘症の病気拡大も懸念されております。

更にこの季節は熱中症対策にも気をつけねばなりません。

この3年間は誰しもコロナウイルス予防に神経を注いできました。

コロナ疲れによる結果も第7波に起因してしまっているのでしょうか。

最近、特に感ずることはスーパーマーケットなどで

マスクの着用をしていても手指の消毒をされない方々が

数多く見受けられ、以前のようなウイルスに向かう姿勢が緩んできているように思えます。

もう一度私達1人1人がしっかりと

コロナウイルスまん延防止に向かい合う時ではないかと考えます。

『密着・密接・密閉の三密を避ける』

『黙食・黙飲・黙浴』などを遵守し、

『自分を守る事が他人をも守る』を再確認し日々健康に過ごしたいものであります。

さて、先月のホームページにおいてお盆についてお話しさせて頂きましたが、

今月13日(土)〜16日(火)まで当山界隈ではお盆を迎えます。

精霊棚の作り方は地方によって異なると思いますが、

秩父地方では客間に精霊棚を安置します。

精霊棚の四隅には葉の付いた竹を建てて

上部と中央部に茅の縄を巡らせ

数多くの鬼灯(ホオヅキ)や檜の葉を縄の編み目に挟み、

茅で編んだ敷物を精霊棚に敷いて位牌を安置します。

精霊棚には胡瓜で作った馬と茄子で作った牛を飾り、

13日の夕刻に麻幹(枯れた茅の茎)に火を灯し迎え火を焚き、

その火を提灯のローソクに移します。

胡瓜の馬に乗った精霊を精霊棚にお迎えします。

(新盆のご家庭におかれましては13日朝からのお参り客も予想されますので12日夕刻、

あるいは13日朝のうちに精霊をお迎えされることをお薦め致します。)

次に、お供え物は、灯明(鬼灯)・生花・お線香・季節の果物や野菜・

故人が好まれて食べられたお菓子類・お茶・御飯・汁物・素麺・稲荷寿司・

干瓢巻き・ぼた餅等の精進料理を日替わりで順次お供えします。

新鮮な水・水ノ子(洗米・胡瓜と茄子を小さな賽の目切りにして

混ぜ合わせた物を蓮の葉の器に乗せる)は毎日新しい物に替えてお供えします。

水ノ子は先月のホームページに掲載致しました。

不幸にも餓鬼の世界に落ちてしまった精霊に施すお供物としてお供えするものです。

お供え物で気をつけて頂きたいのは、

故人が好まれた食べ物であっても肉や魚はお供え致しません。

お盆には御先祖様を始めとし、

実家を離れて生活されているご親族も帰省されることと思います。

お盆の4日間は祖先、

親族が一同に会し尽きぬ話に花が咲き心温まる円居となることでしょう。

束の間の4日が過ぎると16日の午前中には精霊棚の灯明から提灯に灯りを付け、

その灯りから麻幹に火を取り送り火を焚いて、

茄子の牛に乗った精霊をゆっくりと黄泉の世界に送ります。

私達には父母が2人祖父母が4人そして曾祖父母が8人、

時代が遡り江戸時代には10000人を超える祖先、

更に遡り平安時代になると天文学的数字の祖先が存在します。

その祖先の1人でも欠けていたなら今の自分は存在しません。

この奇跡に近い己の命を授けて下さったご先祖様に改めて感謝したいものであります。

お盆の間の8月15日は終戦記念日です。

77年間尊い命を愛する人、

愛する祖国のために捧げた犠牲の上で私たちは平和を享受してきました。

いまだ出口の見えないウクライナや

世界のあちこちで起こっている紛争があるということに目を向け、

我が国だけでなく世界中が平和で

明日への希望が持てるようになってほしいと祈願致します。


                             (令和4年8月1日  更新)




「暦に合わせた祈願」

  当山、勢至菩薩さまのご縁日は 8月20日(土)「旧暦7月23日」

となりますが、緊急事態宣言が発令された場合には

参拝の自粛をお願い申し上げます。

 8月の午の日は9日(火)、21日(日)


※当山施餓鬼会

8月16日(火)午後2時30分


※諸祈願につきましては随時厳修させて頂いております。


※限定お守り『無上力』のお授けは

 8月20日(土)、23日(火)です。

遠方の方には郵送・宅配も承っております。


※御祈願や23日限定守り『無上力』につきましては

下記の電話番号・FAX番号にて申し受けさせて頂いております。

電話0494-65-0334  FAX0494-65-0372

「限定お守り」

※当山のご本尊『得大勢至菩薩様』は、古来の和歌でも

「だいせいし ちえのひかりに てらされて さんずのやみも きえうせぬべし」

(大勢至 智慧の光に 照らされて 三途の闇も消え失せぬべし)

と詠われているように、智慧の光をもって遍く一切を照らし、

人々の心の迷いを除き『無上の力』をお授けすると言われております。




金額2000円

※正月三が日・元朝護摩祈願祭

毎月23日・旧暦23日限定販売になります。


「愛染明王御朱印」


金額500円

毎月23日・旧暦23日限定


「二十三夜寺御朱印」


金額1000円

毎月23日・旧暦23日限定


「一周忌供養」

※当山の本尊『勢至菩薩』様は一周忌を司る仏様です。

菩提寺の無い御施主様、

或いは菩提寺の供養の他に

一周忌供養をお考えの御施主様は

是非とも当山にご連絡下さいませ。


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372



永代供養墓の移設・ペット供養墓新設いたしました。

※永代供養墓は常時受付させて頂いております。



  永代供養墓                 ペット供養墓


『永代供養墓のご案内』

   当山では、萬霊供養墓(永代供養墓)

を建立しました。

この墓地は既にご遺骨を

  自宅管理供養されている方や

今後将来において個人墓地を

  所有されない方、あるいは

墓地は所有してるが継承者がいない方々

には朗報と思います。

           自然豊かな『聖徳太子開山』の当山に、

安眠の地をお求めになられては

いかがでしょうか。

※ この墓地は生前予約も承っております。

詳しくは下をクリック


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372




令和4年厄年早見表

幼児男女の厄年
前厄
本厄
後厄
4歳の厄年
令和2年
平成31年

令和元年
平成30年

男性の厄年
前厄
本厄
後厄
25歳の厄年
平成11年
平成10年
平成9年
42歳の大厄
昭和57年
昭和56年
昭和55年

女性の厄年
前厄
本厄
後厄
19歳の厄年
平成17年
平成16年
平成15年
33歳の大厄
平成3年
平成2年
昭和64年

平成元年
37歳の小厄
昭和62年
昭和61年
昭和60年

男女の厄年
前厄
本厄
後厄
61歳の厄年
昭和38年
昭和37年
昭和36年

令和4年方位厄早見表(男女生まれ年)

大正
6年
7年
9年
12年
15年


昭和
元年
2年
4年
7年
10年
11年
13年
16年
19年
20年
22年
25年
28年
29年
31年
34年
37年
38年
40年
43年
46年
47年
49年
52年
55年
56年
58年
61年
64年






平成
元年
2年
4年
7年
10年
11年
13年
16年
19年
20年
22年
25年
28年
29年
31年






令和
元年
4年






※祈願の申し込みはTEL・またはFAXで受付けております。


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372





※『少し遅めの初詣』

当山の初護摩は毎年1月の最終日曜日です。


【護摩祈願】




祈願等ございましたら、ご予約の連絡をお願いいたします。

(祈願料 5,000円)

1人護摩祈願ご希望の方は事前にご連絡下さいませ。

(祈願料30000円)

『厄除・方位除祈願』をお忘れになられました方には

随時ご祈願を申し受けております。


    お悩みや心配事がある方も、どうぞお出掛け下さいませ。

『人生相談・秘密厳守』


※祈願ご希望の皆様の中で何等かの理由で来寺出来ない方には

祈願札の送付も行っておりますので、

電話・FAXにてお申し付け下さいませ。


※ご都合で当山に来寺出来ない方は

祈願札の送付させて頂きます。


問い合わせ

TEL 0494ー65ー0334

FAX 0494ー65ー0372




「あなただけの開運数珠守り」

毎月23日のみ限定のお守りです


※個人の手首に合わせてオリジナル制作した

数珠を祈願したお守りです。

※ブレスレットのようにお手軽にお付けいただけます。

白:家内安全 赤:良縁成就 黄:所願成就

緑:身体健全 青:開運招福

これは一例です。ご希望の色の組み合わせでも製作できます。


金額は1つ3000円 2つ目から1つにつき1000円となります。

(2つ作った場合、計4000円 3つ作った場合、計5000円)


【受付時間】  

午前9時、10時、11時

午後13時、14時、15時

まずはお気軽に問い合わせください

TEL 0494ー65ー0334

FAX 0494ー65ー0372




「南無月輪石仏」

【月輪石の奇跡】


詳しくは下をクリックして下さい。





【二十三夜寺ギャラリー】








『夏の北海道』


『軍艦島』




『花火』


『オペラハウス』

撮影者当山信者M・H様










『秩父神社 川瀬祭り神輿』



『秩父神社 川瀬祭り傘鉾』




『秩父神社 川瀬祭り山車』


『武甲山』


『両神山』




『秩父市大宮地区から西を望む』


『ゲリラ雷雨寸前の積乱雲』

撮影者当山信者K・K様
















『様々な夏の花』




『神輿』








『昼間の山車』
















『夜の山車と傘鉾』

撮影者当山信者S・H様




『田んぼアート』


『アサギマダラ』


『ノウゲンカズラ』


『百日紅』

撮影者当山信者K・H様




『ゴーヤ』




『オクラ』


『百日紅』

撮影者当山信者T・H様




  新緑の境内                       仁王門でひと休み 

連絡先

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372