聖徳太子開山の祈願寺 “いやし”のスポット   

真言宗 豊山派 二十三夜寺

午年守り本尊


 秩父の中でも、自然が
 豊かな「三沢」という
 谷合にあります。
 四季折々に変化のある
 風景を見ることが
 できます。
 ぜひ一度、足を
 お運び下さい。
 皆さまを
 お待ちしております。
 勢至菩薩さまは
 午年生まれの方の
 守り本尊でございます。




修復中の
『月輪石 飛来の井戸』
が完成しました。
当山参拝の折には
ぜひご覧下さい



【二十三夜寺の四季】

春:沢山の桜がお迎えします

秋:境内の木々も色付きます

冬:雪が降れば別の風情です


【二十三夜寺の寺宝】




◇トピックス◇


 冬将軍が猛威を奮い関越道は積雪により立ち往生する車中に40数時間に渡り閉じ込められると言うアクシデントがあった令和2年12月20日のことです。年間『家内安全』祈願に来寺された方のお話をさせていただきます。この方は秩父郡小鹿野町出身の曾祖父をもたれ現在、東京都八王子市にお住まいになっておられるI・Y様です。I家様は天保年間にお生まれになられた曾祖父様の時代から現在に至るまで当山を毎月熱心に信仰されていらっしゃいます。そのきっかけを伺うと明治時代我が国に3回に渡り発生した『天然痘』の猛威が理由だったそうです。当時我が国では72000人もの尊い命が犠牲となったそうです。I家様のある小鹿野町から当山までは往復で約50qの道のりで、途中には千束峠と言う険しい峠もあります。当時は徒歩でお参り頂いた訳ですから現在では考えられないほどのご苦労をされながらお参り頂いた事と思います。I家様におかれましては、御祈願の甲斐もあり、ご先祖様は天然痘の脅威に巻き込まれることなく、無事に過ごされたと伝え聞きいておられたそうです。I・Y様のお父上のI・T様も熱心な信者様で毎月欠かさずお参り頂いたことを拙僧も幼少の頃より覚えております。残念なことにI・T様は令和元年の春、90歳で御逝去されました。その年からご長男のI・Y様が引き継ぎ信仰いただいております。コロナウイルスの第3波が深刻な状況である昨今お参りいただいたI家様から伺ったお話が心に残りました。令和2年も暮れようとしています。『南無得大勢至菩薩 悪疫退散成就』『臨』『兵』『闘』『者』『皆』『陣』『列』『在』『前』 合掌
         当山主


【ご了承下さい】

 ホームページ中の様々な
 写真の多くは過去に
 撮影したものです。
 順次更新する予定です。



***ご覧いただいた方々***

アクセスカウンター



   ホームページの感想、
   ご意見を寺へお気軽に
   お伝え下さい。

     【ホームページ管理者】
       当所    医王寺


ようこそ!開運午年守り本尊 二十三夜寺(医王寺)へ

当山は「勢至菩薩さま」をご本尊としてお祀りしている 数少ない寺院のひとつです


当山境内がグーグルアースの

ストリートビューに掲載されております。


『命日の 母はキクの名 菊香る』

(めいにちの はははきくのな きくかおる)

『御籠もりの 数珠作りて 法話聴き

護摩を焚く火に 心身を翳す』

(おこもりの じゅずをつくりて ほうわきき

ごまをたくひに しんしんをかざす)


 作者 当山信者 A・T様


地球的規模の温暖化が憂慮されているとはいえ

先月には富士山の初冠雪が観測されました。

澄みきった秋空のもと雪をかぶり

凛とした姿の富士山を見ると冬の訪れを感じます。

朝夕の気温の変化と共に山の木々は

日ごと枯れ葉の散る数を増やしながら

今年の役目を終えようとしています。

今年も余すところ2カ月となり暦は十一月(霜月)を迎えました。

当山の境内のモミジも日々鮮やかになり秋の装いを増してまいりました。

秩父山系の紅葉は奥秩父(三峰・両神)に於いては当山付近よりも多少早く観られ、

当山付近の皆野・長瀞では今月10日過ぎ頃が見頃と思われます。

秩父にお越しのおりには、どうぞ山間の当山にも足を向けて下さいませ。

古びた縁側でお茶の接待をさせて頂いております。

山の澄んだ空気と落ち葉のかそけき音がおもてなしの一つです。   

さて、拡大を懸念されておりましたコロナウイルスもこのところ沈静化に向かい、

東京都での感染者は先月30日現在で14日間、50名を下回っております。

見えないウイルスに怯えることが少なくなり

平穏な日々に戻りつつ有るように感じられます。

これは喜ばしい事と思えますが、私達がもう一度考えねばならないのは、

あくまでも症状の出ている方々の人数だけが発表されていると言う事です。

無症状の感染者はカウントされていないのでは無いのでしょうか。

イギリスやロシア・韓国を始め諸外国でも再度感染者の増加が見られています。

我が国において第6波を起こさないために、また起こさせないためにも、

コロナウイルスと対峙したここ数年の過去の教訓を無駄にしないためにも、

もう1度、外出時におけるマスクの着用・手指の消毒、

帰宅時の手洗い・ウガイを励行し、密閉・密集・密接を避け

飛沫感染の考えられる大声の会話等は控えめにしたいものであります。

これは毎年、冬の乾燥時期に流行する

インフルエンザを避ける事にも共通するのではないでしょうか。

今年はインフルエンザのワクチン数も少ないと言われておるようです。

『自分を守る事は他人をも守る』

『自分の命と他人の命 どちらも尊い命』

『生かせ尊きこの命』

緊急事態宣言が全面的に解除され、

当山に参詣頂く方々も少しづつ戻り始めた先月23日、

昨年当山より『無上力』の御守りを送付させて頂いた

三重県津市の御夫妻様がお詣り下さりました。

勢至菩薩様を御本尊とする寺院は

全国でも珍しく探しに探したところ当山に辿り着いたとの事です。

遠路はるばるお詣り頂きありがとうございました。

過日10月30日(土)19時より当山では、ソーシャルディスタンスに配慮し、

限定20名様でお籠もりの行事を執り行わせて頂きました。

お集まり頂きました皆々様の願いを込めながら

オリジナルの数珠を作成して御護摩を焚き祈祷を致しました。

『萬人豊楽・心身健全・身上安全・当病平癒・早期悪疫退散・心願成就の御為に』

オンサンザンザンサクソワカ

オンサンザンザンサクソワカ

オンサンザンザンサクソワカ

(勢至菩薩ご真言)

オンコロコロセンダリマトウギソワカ

オンコロコロセンダリマトウギソワカ

オンコロコロセンダリマトウギソワカ

(薬師如来ご真言)


                             (令和3年11月1日  更新)




「暦に合わせた祈願」

  当山、勢至菩薩さまのご縁日は 11月27日(土)「旧暦10月23日」

となりますが、緊急事態宣言が発令された場合には

参拝の自粛をお願い申し上げます。

 11月の午の日は6日(土)、18日(木)、30日(火)


※二十三夜寺元朝護摩(初護摩祈願祭)

令和4年1月30日(日)


※諸祈願につきましては随時厳修させて頂いております。


※限定お守り『無上力』のお授けは

11月23日(火)、27日(土)ですが、

遠方の方には郵送・宅配も承っております。


※御祈願や23日限定守り『無上力』につきましては

下記の電話番号・FAX番号にて申し受けさせて頂いております。

電話0494-65-0334  FAX0494-65-0372

「限定お守り」

※当山のご本尊『得大勢至菩薩様』は、古来の和歌でも

「だいせいし ちえのひかりに てらされて さんずのやみも きえうせぬべし」

(大勢至 智慧の光に 照らされて 三途の闇も消え失せぬべし)

と詠われているように、智慧の光をもって遍く一切を照らし、

人々の心の迷いを除き『無上の力』をお授けすると言われております。




金額2000円

※正月三が日・元朝護摩祈願祭

毎月23日・旧暦23日限定販売になります。


「愛染明王御朱印」


金額500円

毎月23日・旧暦23日限定


「二十三夜寺御朱印」


金額1000円

毎月23日・旧暦23日限定


「一周忌供養」

※当山の本尊『勢至菩薩』様は一周忌を司る仏様です。

菩提寺の無い御施主様、

或いは菩提寺の供養の他に

一周忌供養をお考えの御施主様は

是非とも当山にご連絡下さいませ。


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372



永代供養墓の移設・ペット供養墓新設いたしました。

※永代供養墓は常時受付させて頂いております。



  永代供養墓                 ペット供養墓


『永代供養墓のご案内』

   当山では、萬霊供養墓(永代供養墓)

を建立しました。

この墓地は既にご遺骨を

  自宅管理供養されている方や

今後将来において個人墓地を

  所有されない方、あるいは

墓地は所有してるが継承者がいない方々

には朗報と思います。

           自然豊かな『聖徳太子開山』の当山に、

安眠の地をお求めになられては

いかがでしょうか。

※ この墓地は生前予約も承っております。

詳しくは下をクリック


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372




令和4年厄年早見表

幼児男女の厄年
前厄
本厄
後厄
4歳の厄年
令和2年
平成31年

令和元年
平成30年

男性の厄年
前厄
本厄
後厄
25歳の厄年
平成11年
平成10年
平成9年
42歳の大厄
昭和57年
昭和56年
昭和55年

女性の厄年
前厄
本厄
後厄
19歳の厄年
平成17年
平成16年
平成15年
33歳の大厄
平成3年
平成2年
昭和64年

平成元年
37歳の小厄
昭和62年
昭和61年
昭和60年

男女の厄年
前厄
本厄
後厄
61歳の厄年
昭和38年
昭和37年
昭和36年

令和4年方位厄早見表(男女生まれ年)

大正
6年
7年
9年
12年
15年


昭和
元年
2年
4年
7年
10年
11年
13年
16年
19年
20年
22年
25年
28年
29年
31年
34年
37年
38年
40年
43年
46年
47年
49年
52年
55年
56年
58年
61年
64年






平成
元年
2年
4年
7年
10年
11年
13年
16年
19年
20年
22年
25年
28年
29年
31年






令和
元年
4年






※祈願の申し込みはTEL・またはFAXで受付けております。


お問合せ

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372





※『少し遅めの初詣』

当山の初護摩は毎年1月の最終日曜日です。


【護摩祈願】




祈願等ございましたら、ご予約の連絡をお願いいたします。

(祈願料 5,000円)

1人護摩祈願ご希望の方は事前にご連絡下さいませ。

(祈願料30000円)

『厄除・方位除祈願』をお忘れになられました方には

随時ご祈願を申し受けております。


    お悩みや心配事がある方も、どうぞお出掛け下さいませ。

『人生相談・秘密厳守』


※祈願ご希望の皆様の中で何等かの理由で来寺出来ない方には

祈願札の送付も行っておりますので、

電話・FAXにてお申し付け下さいませ。


※ご都合で当山に来寺出来ない方は

祈願札の送付させて頂きます。


問い合わせ

TEL 0494ー65ー0334

FAX 0494ー65ー0372




「あなただけの開運数珠守り」

毎月23日のみ限定のお守りです


※個人の手首に合わせてオリジナル制作した

数珠を祈願したお守りです。

※ブレスレットのようにお手軽にお付けいただけます。

白:家内安全 赤:良縁成就 黄:所願成就

緑:身体健全 青:開運招福

これは一例です。ご希望の色の組み合わせでも製作できます。


金額は1つ3000円 2つ目から1つにつき1000円となります。

(2つ作った場合、計4000円 3つ作った場合、計5000円)


【受付時間】  

午前9時、10時、11時

午後13時、14時、15時

まずはお気軽に問い合わせください

TEL 0494ー65ー0334

FAX 0494ー65ー0372




「南無月輪石仏」

【月輪石の奇跡】


詳しくは下をクリックして下さい。





【二十三夜寺ギャラリー】


『山形県鶴岡市加茂水族館クラゲ』




『富士山』


『草津湯畑』


『夕暮れのゴルフ場』


『朝日と雲海』

撮影者当山信者M・H様






『蕎麦の花』
















『秋の薔薇』

撮影者当山信者K・H様




『山梨昇仙峡』




『秩父高原牧場から関東平野を望む』

撮影者当山信者S・H様




  新緑の境内                       仁王門でひと休み 

連絡先

TEL 0494-65-0334

FAX 0494-65-0372